手術跡が残らない

執刀医

わきがに悩まされている方は数多くいます。しかし、わきがは治らないものではありません。病院でボツリヌス菌というので治療をしてもらうと、わきがの悩みから開放されます。治療痕を残すことなく受けられます。

ニキビの治療

感謝する

皮膚科ではニキビの治療を行なうことが出来ます。ニキビは人によっては個人での改善が難しい場合もあります。皮膚科ではそういった人たちにとって、うってつけの治療をおこなってくれるのです。

美容整形の活用

悩む

美容整形外科へ行くことで、様々な治療を受けることができます。美容整形外科は美容にとってメリットの大きな治療が豊富にあるのです。美容整形外科を活用して美しくなりましょう。

にきび跡の治療

医師


にきび跡には、家庭で改善できるものとできないものがあります。クレーターになってしまっているにきび跡は、家庭では改善することが難しいため、病院でのレーザー治療をおすすめします。しかし、レーザー治療は保険適用外ですので、料金がかなりかかってしまいます。しかも、多くの場合は一度での改善が難しいため、何度も治療を重ねなくてはなりません。そのため、たくさんの種類があるレーザー治療の中から、どれを受けるべきか慎重に考える必要があります。口コミや掲示板での書き込みなど、インターネット上にはさまざまな評判が掲載されています。しかし、人によって向き不向きがありますので、まずは病院でにきび跡を診察をしてもらい、自分に合った治療方法を教えてもらうことが大切です。

にきび跡のクレーターの改善が期待できるレーザー治療とは、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。フラクセル、ブリッジセラピー、炭酸ガスレーザーなどが有名です。それぞれ効果が違いますので、クレーターの程度によって適切なものが変わってきます。ほとんどのレーザー治療にはダウンタイムが存在します。治療後は赤みやかさぶたが出るため、施術前の日常生活が送れるような状態に戻すためには少しの期間を要します。この期間のことをダウンタイムと言い、大きな効果が期待できる治療にダウンタイムはつきものです。そのため、レーザー治療後数日間は化粧をして出かける予定を入れないでおきましょう。ダウンタイムの期間は施術内容により異なりますので、説明を聞いてしっかりスケジュールを立てておきましょう。